初期臨床研修医

初期臨床研修中断者募集
詳細はお電話ください。(担当:総務課 高島)

臨床研修医 募集

教育指導の特色

  1. 年間救急車搬入件数約4,000件、年間手術件数約3,000例、年間心カテ約1,000例、PCI約400例の実績があります。
  2. 初期診断・治療から入院経過、手術、病棟ベッドサイドでの臨床指導、退院まで指導医と共に多くの症例に接し、学ぶことができます。多彩な急性疾患について確かな知識と技術を身に付けることができます。
  3. 他科との壁が存在せず、他科医とも気軽に話しができます。医療スタッフのチームワークは抜群です。厳しいなかにも優しさあり。当院で勉強をすれば、どの病院でも患者さんからの支持を受けることは間違いありません。
  4. 1年目、カンボジア小児病院(当院グループ職員が運営費の寄付を行っている病院です)での1週間の研修制度があります。
  5. 関連6病院合同学術研究発表会が年2回実施されています。症例発表や論文発表も指導医が丁寧に指導します。

研修プログラム

【研修理念】

  1. 医師としての人格を涵養する。
  2. 医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識する。
  3. プライマリ・ケアの基本的な診療能力(態度・技能・知識)を身に付ける。

【基本方針】

  1. 患者の健康上の諸問題に適時、的確に対応できる医師となるべく、
    患者を全人的に診ることができるプライマリ・ケ アの基本的診療能力を習得する。
  2. 患者及び家族とのコミュニケーション能力を習得し、全人的な医療を実践する。
  3. 医療チーム構成員としての役割を理解し、医師・看護部門・コメディカル部門等と協調・協力する習慣を身に付ける。

【臨床研修プログラムの名称】

「新行橋病院 臨床研修プログラム」と呼びます。

【臨床研修内容】

研修期間は2年間です。研修理念である「プライマリ・ケアの基本的な診察能力(基礎知識、技術、態度)」などの修得と共に、 一般臨床医として活躍できるための基礎的な研修を行います。

研修プログラムの一例

1年次研修項目
1年次研修項目
2年次研修項目
2年次研修項目
3年次研修項目
当院にて専修制度あり

専修制度:3年目以降より専門的な研修ができるとともに、後輩の指導をしていただきます。
希望により関連大学医局への紹介あり

【臨床研修病院】

当院を中心として臨床研修医が勉強できる環境で、協力病院に福岡和白病院、新小文字病院、福岡新水巻病院、中津脳神経外科病院、新武雄病院、若戸病院、大貞病院、協力施設に下関リハビリテーション病院、濱口産婦人科クリニックがあります。 研修体制は充分であり、これらの施設で臨床研修プログラムを達成することが出来ます。

募集内容

募集内容
  • 募集人員

    5名

  • 応募資格

    各年3月に医師国家試験を受験する者

  • 応募要領

    下記書類を添えて書留郵便にて郵送、または直接当院に持参。

    1. 臨床研修願書
    2. 履歴書(写真添付)
    3. 卒業見込証明書または卒業証書
  • 書類提出先

    〒824-0026
    福岡県行橋市大字道場寺1411
    新行橋病院 臨床研修担当 宛

  • 選考方法

    • ❶書類審査
    • ❷面接
  • 選考日

    随時受付

  • 採用内定

    採用の適否にかかわらず本人宛に通知します。
    尚、採用内定者は医師国家試験の合格をもって採用決定。

  • 採用予定日

    各年4月1日

  • 身分・処遇

    • ❶身分:臨床研修医(常勤)
    • ❷給与:1年次/年収換算6,000,000円(当直手当、税込)
          2年次/年収換算6,800,000円(当直手当、税込)
    • ❸勤務時間:8:00~17:00(各科によって多少異なります)
    • ❹休日休暇:週休2日制(研修日・日曜日)
            祝日・リフレッシュ休暇(8日間)
    • ❺学会・研究会等の
      参 加:学会年会費は2学会まで病院負担
      参 加:全国学会1回/年
      地方会:車で移動できる範囲は制限なし
      上記については参加費・交通費は病院負担
      その他、学会発表の場合は諸経費全額病院負担
    • ❻各種保険あり
    • ❼定期健康診断あり
    • ❽医師賠償責任保険あり
    • ❾宿舎:あり(半額病院負担、また引越代は全額病院負担)
  • 当直

    指導医と共に月6回程度副宿直、月1回程度の副日直あり
    (当直仮眠室あり、手当あり)

病院見学・説明会について

日帰り見学・宿泊見学(1泊2日や、2泊3日など)を随時受け付けております。

土曜日の見学もOKです!!

お問い合せ先

院長・救命救急部部長 正久 康彦

指導医インタビュー

ここに研修に来たからには、
ほかに移ったときに戦力になれる
人材になってほしいです。

研修医に対して「これだけは言いたい」と思っていらっしゃることはありますか。

痛がっている患者さんを無理に抑え込んだり、必要のない検査を自分の興味本位で行い、患者さんを実験台として扱う行為は許されません。一生懸命やるのは分かりますが、興味本位でやって患者さんを大切にしないのは医師としては認められません。

過去に「すごい研修医がいた」というエピソードがありましたら、お話ください。

印象的な人が二人います。一人は、将来は循環器内科医になりたいという希望がありながら、何でもかんでもやりたいと来たときから言っていました。外科の手術でも、内視鏡でも、最初からやりたい言ってくるし、一日中、何かをやっていましたね。午前に内視鏡、午後からは救急など、医局に座っているのを見たことがありませんでしたよ。
もう一人は、麻酔科を回っているときに、手術を端から見て覚えた研修医です。あるときに「するか」と聞くと、「やる」と言うんです。「したことがあるのか?」と尋ねると、「見ましたから」と言うので、させてみたところ、できたんです。本を見て、手術を見て、頭の中でイメージしているんですね。一度でも見たことを覚えることができる人だったんです。頭の中で手術ができると言いますか、手術がない日でも頭で手術のシミュレーションができるというセンスを持つ研修医でした。

指導するお立場として心掛けていることを教えてください。

私は基本的に現場主義なので、やりたいことは積極的にさせています。内科であっても、外科であっても、どこの科に行っても、最低限のことはできるように指導しています。ただ、最近は消極的な人が多いですね。自ら進んで「やります」という人が減ってきました。学校の授業は「次の日はこれをやります」という形なので、予習で対応できますが、病院にはどんな患者が来るか分からないだけに、現場でできなかったことを復習することが大切だと言っています。

初期臨床研修医 インタビュー動画

インタビュー動画は下記リンクより参照下さい。

新行橋病院研修医・看護師のインタビュー動画