教育研修

アメリカ研修 / カンボジア小児病棟研修及びボランティア

新人職員の卒後教育、幹部養成教育への取り組みとして、各チーム毎のミニ研修から学識経験者等を招いての講演会、さらに海外研修まで幅広く研修活動を行っています。また、米国での研修制度をはじめ、国内外の研究発表にも積極的に参加。医局、看護部を問わず、毎年数十件の論文、研究発表を行っております。

海外交流

アンコール小児病院は、アンコール・ワットで有名なカンボジアのシュムリアップ市に、1999年1月に開院しました。ニューヨークに本部を置くフレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダー(国境のない友達)の最初のプロジェクトとして建設された病院です。ニューヨークの写真家 井津建郎氏が、アンコール・ワットの遺跡の写真を撮っていた時、周りに大勢の子どもたちが集まってきて、子どもたちの中に地雷で手足を失ったり、顔が傷ついた子どもたちを見て、「傷ついた子どもや、マラリア、デング熱にかかっても、貧しさのため治療が受けられない子どもたちのために、小児病院をつくろう」と決心したのがきっかけです。私たちは、フレンズJAPANの理事長であり医療顧問である当病院の蒲池会長をはじめ、職員全体で支援しています。

1年間、一口3,000円のアンコールフレンズ基金を設立しましたので、ご協力をお願いします。

アンコール・フレンズ基金福岡事務局 TEL092-608-1210/FAX092-608-1241

【カンボジア研修報告】

①日本だけでなく世界中の人々の健康を守り、生活の質を向上させ社会に貢献している人々を身近に感じ、自分自身も協力していかなければならないと感じた。機会があれば、見識を深めるためにも、医療後進国の現状を把握し、積極的にかかわっていきたい。

②カンボジアという異文化の中で生活していく難しさを痛感した。またホームケア実習を通じて、子ども達の受ける医療の格差があることが分かった。

③アンコール小児病院での手術の様子や病院に来れない患者の往診をメインに研修した。手術室は日本と比べると衛生環境が劣るかなとの印象がありましたが、それなりの設備はあるのだなと思いました。執刀医の方の技術が高くとても勉強になりました。往診では病院に来れない貧しい方の栄養不足やHIVなどを診て、改めて日本の誰でも医療を受けられる体制が素晴らしいと感じましたし、カンボジアでの取り組みも素晴らしいと思いました。今回、初めて海外の医療現場を見れて大変勉強になりました。今後にいかせていけたらと思っています。

④「今回カンボジア研修で一番印象に残ったのは、アンコール小児病院のスタッフが、中心地から離れたところの診療所や広場で、看護師だけでなく住民に対しても教育を行っていたことである。ただカンボジアに病院を建てるだけでなく、その土地のスタッフを育て、またその土地の人に教育するという蒲池先生が常日頃言われている通りであった。手術に関しても他国の医師を招聘し、積極的に学ぼうとする姿勢には自分も真似るところがあると感じた。