泌尿器科

ほぼ全ての泌尿器科疾患に対応し、患者様には気配りを持って接する

泌尿器科

当科では、腎・尿管・膀胱・尿道などの尿路や副腎・精巣・前立腺等に発生するほぼ全ての泌尿器科疾患に対応しております。特に尿路結石に関しては、体外衝撃結石破砕(ESWL)装置を装備しており、迅速な対応が可能です。また、慢性腎不全等の患者様に対して人工透析も行っています。

 当科には、尿潜血・肉眼的血尿・排尿困難・頻尿・排尿時痛・残尿感・尿失禁などを訴えて来院する人を診察することが多く、診察部位の関係上、患者様に対する気配りを持って接するよう心掛けております。

外来診療体制表

  診療科目
午前 泌尿器科 原田 安田 原田   原田 原田
福田 原田 福田   福田 安田

※午後は内科系及び外科系の診療となっております。

※紹介患者様は、精査等の都合により、なるべく午前中(8:00~11:30)にお願い致します。

※学会等により、診察医が変更になることがありますので、当日、受付にてご確認ください。

泌尿器科 スタッフ

副院長 泌尿器科 部長 原田 修治

産業医科大学 平成7年卒

資格

医学博士、日本泌尿器科学会専門医、日本泌尿器科学会指導医・西日本支部評議員、
ICD(インフェクションコントロールドクター )

所属学会

日本泌尿器科学会、日本泌尿器内視鏡学会、日本癌治療学会、日本化学療法学会、
日本性感染症学会 、日本排尿機能学会、日本泌尿器腫瘍学会、日本透析学会

泌尿器科 医長 福田 敦史

宮崎大学 平成19年卒

資格

日本泌尿器科学会専門医

所属学会

日本泌尿器科学会

泌尿器科 医師 安田 幸平

宮崎大学 平成26年卒

所属学会

日本泌尿器科学会

診療の概要

外来診療を木曜日を除いて月曜日から土曜日まで行い、近隣病院・ご開業医の先生方からのコンサルトに対応できるような診療体制を取っています。外来時間外であっても救急を要する疾患に対しては対応しています。主な手術は腎摘除術、前立腺全摘術、経尿道的膀胱・前立腺手術であり、とくに腎癌や腎盂尿管癌に対しては腹腔鏡手術が増加しています。尿路結石症に対しては体外衝撃結石破砕(ESWL)による日帰り手術を年間約200件行っています。

主な疾患の治療方針

  1. 副腎腫瘍:副腎腫瘍に対してはほとんどが腹腔鏡下副腎摘除術を行っています。
  2. 腎癌:7cm以下の腎癌では主に腹腔鏡下腎摘除術、それ以上の大きな腫瘍や進行例に対しては、開腹手術による根治的腎摘除術を行っています。限局した癌に対しては部分切除をおこなっています。転移を有する進行例では、分子標的薬による治療も積極的に行っています。
  3. 腎盂尿管癌:多くの症例で腹膜鏡下腎尿管全摘除術を行っています。進行例や手術困難例では開腹による腎尿管全摘除術を行っています。
  4. 膀胱腫瘍:膀胱腫瘍の約85%を占める表在性腫瘍に対しては経尿道的膀胱腫瘍切除術を施行し、浸潤癌に対しては膀胱全摘除術および尿路変更術を施行しています。転移を有する症例に対しては全身化学療法を行っています。
  5. 前立腺癌:75歳以下の限局癌症例では積極的に前立腺全摘除術を施行しています。放射線療法を希望される方に対しては責任をもって近隣の医療機関に紹介しています。ご高齢の方や合併症の多い方、転移を有する症例に対しては外来にてホルモン療法を施行しています。
  6. 前立腺生検はほとんど日帰りにて施行しています。遠方の方やご高齢の方でご希望される場合は1泊入院も可能です。
  7. 尿路結石症:日帰りによる体外衝撃波治療(ESWL)を積極的に施行しています。レーザーを用いた経尿道的および経皮的内視鏡手術を症例に応じて行っています。
  8. 尿路感染症:女性に最も多い膀胱炎から難治性尿路感染症まで幅広い尿路感染症の治療を行っており、近隣施設からの重症感染症症例を紹介いただき治療を行っています。
  9. 排尿障害、尿失禁、間質性膀胱炎、前立腺肥大症、過活動膀胱、神経因性膀胱をはじめとする下部尿路障害の診療を行っています。前立腺肥大症に関してはほとんどの症例は薬物療法を施行していますが、重症例に関しては経尿道的手術を選択しています。
  10. 血液透析・外来維持透析を行っています。近隣の病院クリニックでのシャントトラブルや緊急透析にも対応しています。

手術件数

手術件数推移(泌尿器科)

主な症例内容

平成29年1月~平成29年12月

前立腺全摘 11例
膀胱全摘 5例
腎・腎尿管全摘 12例
腎部分切除 3例
副腎摘出術 2例
経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-Bt) 48例
経尿道的尿路結石除去術(TUL) 47例
経皮的尿路結石除去術(PNL) 5例
シャント関連手術 69例
その他 155例
ESWL 255例
全手術症例数 612例